一般眼科

目は最も重要な感覚器官です

人は、外界からの情報の約80%を目(視覚)から得ています。この情報量を考えると、聴覚や嗅覚など他の感覚器官に比べ、その取得する情報量は圧倒的に多く、したがって五感の中でも最も重要な感覚器官であると言えます。

皆様の「眼科かかりつけ医」です

そんな大切な感覚器官であればこそ、ちょっとした症状や、ほんの少し気になることであっても軽視すること無く、必ず眼科を受診していただきたいと思います。ほとんど自覚症状の無いままに視力が大きく低下していたり、視野狭窄(見える範囲が狭くなる)が進んでいたりするケースも少なくありませんし、受診は早ければ早いほど、病状を早期に改善したり、進行を食い止めたりすることができます。病状が進行してから治療するよりも、治療にまつわる患者様ご自身の負担もずっと軽くなります。
万が一にも、目の病気が重症化することによって、仕事や学業、日常生活などに支障を来たすようなことが無いように、ためらうこと無く、眼科を受診しましょう。
当院は、大森町地域の皆様の「眼科かかりつけ医」として、お子様からお年寄りまで、皆様の目の健康をサポートして参りますので、お気軽にご相談ください。

こんな症状はありませんか?

  • 目が赤い
  • 目が乾きやすい
  • 涙や目やにが出る
  • 目が痛い、痒い
  • 目がひどく疲れる
  • 目に何かが入っている気がする
  • 目がゴロゴロする
  • 目の奥が痛い など

こんな見え方はしませんか?

  • 物が何となく見えづらい
  • 光がまぶしく感じられる
  • 何かが飛んでいるように見える
  • 物が歪んで見える
  • 物が二重に見える
  • 物が霞んで見える など

――以上のほかにも何か目に異常を感じたら、躊躇せずに眼科を受診してください。

初めて受診する方へ

下記の持ち物を忘れずにご持参ください。

  • 健康保険証
  • 各種(老人・公費等)受給者証
  • お薬手帳(お持ちでない方は、現在服用中のお薬をご持参ください)
  • ご使用中の眼鏡・コンタクトレンズ など